趣味探し図鑑 - 情報の量・質・探しやすさ
ランキング ジャンル別 性別・年齢 人数 予算 メリット その他
TOP > 乗り物 > スケートボード
スケートボードの写真 (1)
クールなトリックで街行く人々を魅了しよう

スケートボード

スケートボードの魅力・メリット
やっているだけで注目を浴びるクールスポーツ
全てのスポーツに活きるバランス感覚が養える
危険と隣り合わせだからこそカッコいい
難しいトリックを決めた時の快感がやみつき
初期費用 約3万円~ スケボー、シューズ、プロテクター
継続費(年) - 特になし
アンケートにご協力お願いします!
スケートボードに対する興味はありますか?
カナリある 少しある 全くない
スケートボードの概要
車輪のついた板に乗って路面を滑走し、様々なトリックを繰り出して楽しむスポーツです。2020年の東京オリンピックから正式種目に採用されたことで、注目を集めています。

スケートボードのトリックは1つ1つの難易度が非常に高く、簡単な物であってもマスターするのに数ヵ月かかります。さらに、転んだ時の衝撃が大きく怪我の多いスポーツでもあります。そのため、多くの人はある程度滑れるようになった時点でトリックを習得する前にスケートボードから離れてしまいます。

上級者のテクニックを見ると、スノボーのように足が固定されている訳でもないのに、なぜあんなに自由に板を操れるのか不思議で仕方ありません。習得が難しい分、板を自由に操れるようになってきた時の快感は素晴らしい物でしょう。

スケートボードの写真 (2)
スケートボードの写真 (3)
スケートボードの写真 (4)
スケートボードの写真 (5)
スケートボードのはじめ方
まずはスケートボードを購入しましょう。店頭に置いてある物は比較的高値になっているので、スポーツ店で実物を見て、ネットショップで購入すると良いでしょう。1万円~3万円の物が使いやすくて初心者にオススメです。

スケートボードを購入したら、近所の公園、人や車の通らない場所で練習してみましょう。その際、ヘルメット、ひじ当て、ひざ当て等、各種プロテクターを装着してください。初心者は沢山転びますが、転ぶことが上達の近道でもあります。

ある程度板に慣れてきたら、スケートパークに行ってみましょう。周りのスケーターのテクニックを見ているだけでも参考になります。

スケートボードの関連サイト
スケボーの選び方ガイド ... 板の種類とショップを紹介
始め方・トリック集 ... まずは「プッシュ」を覚えよう
全国のスケートパーク・スポット ... 地域別で探せる
スケートボードの目標例
目標 [金]アマチュアスケートボード選手権で入賞する。
目標 [銀]スケートパークに3年間で150日以上行く。
目標 [銅]オーリージャンプで空き缶を飛び越す。
スケートボードが好きな芸能人・有名人
渡部豪太、高橋一生、野村周平、長瀬智也、はんにゃ・金田